>

渡し方に工夫を入れる

商品持ち帰りの手間を省く

景品が当たることは喜ばしいことですが、その景品が大きなものだったりすると、持って帰るのに手間がかかってしまうでしょう。
パーティーの参加者の交通手段が、徒歩や電車の場合ですと、大きな荷物というのは負担になってしまい、せっかく当たった商品に対し残念なイメージを与えてしまう可能性も否めません。

最近では、実際の景品ではなく、目録を渡して、後日当選者の自宅に配達してくれるサービスなどもありますので、こういったものを賢く利用してみるとよいかもしれません。
目録のパネルも、地味になることがないように工夫されていますので、会場に景品自体がなくても、寂しくならずに済むのです。

大型商品を渡す際の負担を減らしたい場合には、上手に活用してみるとよいでしょう。

景品をみんなに手渡すというアイデア

景品が発生するパーティーゲームの場合、運よく景品をゲット出来た方は非常に嬉しいでしょうが、残念ながら景品を手に入れられなかった人は白けてしまう可能性も否めません。
そのため、最終的には参加者全員に、参加賞という形で何らかの商品を手渡すというアイデアを盛り込んでみるとよいかもしれませんね。
もちろん、景品の予算があるでしょうから、参加賞を豪華な商品にするというのは難しいでしょうが、安価であっても、話題になるような面白いアイテムなどを渡してみるのも、一つの手かもしれません。

例えば、自分では絶対に購入することのないような、激辛のお菓子やジュースなど、そのパーティーを印象づけるような参加賞もいいかもしれませんね。


この記事をシェアする