恋愛運をアップさせるため、恋占いをしてみよう。

悩み事を解決してくれる便利な占いを活用

おまじない

おまじないには吉も凶もある

 おまじないは漢字で書くと「禁厭(まじない・きんえん)」となります。これらは古来から方術の類として官民で信じられ、各地で伝承されてきました。一方でまじないを「呪い」と表記することもありますが、これは正確ではありません。というのも呪いは基本的に凶事をもたらすものであり、禁厭は吉凶ともに存在するからです。  中国の思想を基礎として5世紀ごろから日本独自の陰陽道も発展しますが、本来おまじないというものは、たとえば鳥害・虫害・旱魃といった農耕に関するお祓いが起源とされ、主に生活に根ざしたものであり、宗教色はさほど強くないのが特徴です。ですから現在は、お年寄りから小学生まで老若男女が気軽に楽しめて、その効果を期待する遊びに近いものへと変容しています。

あふれる情報からピックアップ

 おまじないの中には強力な効果があると言われているものもあります。その中には文字に起こすものや誰かに話すと効果がなくなるものやもっとも携帯するものに具えておくものなど、実にさまざまな強力なおまじないがあります。  とは言うものの、ちまたにはゴマンとおまじない、またはその類が存在しており、どれが効果あるのか判断つきにくい状態になっています。最近ではSNSやスマホの普及によって、誰もが簡単に新たなおまじないを流行させることができます。ですから強力な効果があるかどうかは一度試してみないとわかりません。友達がたくさんいるなら、みんなで分担して試してみるのも一つの手でしょう。  いずれにせよ、強力なおまじないは意外な効果を生む可能性もあるので、注目の価値は充分にあります。