アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

適切な形態を選択する

カラーコピー

自分で文章などをしていると、紙媒体として出力したいと思うことがあります。
最近では、文章をパソコンで作成している場合が多いので、紙媒体への出力に関しても、パソコンからプリンターを使って行うことが簡便です。
しかし、ある程度の部数を印刷するとなると、コインでプリンターを使って作業するのは大変です。
個人的な利用の程度なら、印刷する枚数も限られ、作業量も限定されるのですが、冊子を作成するような場合では、一冊ごとの枚数が多くなります。
また、一冊ごとでは、それほど枚数がなくても、複数部印刷するとなると、総合的には、かなり大量の枚数となるのです。
作業の手間も負担ですが、プリンターでは、インクやトナーを使用するので、その消費量も多くなります。
もともと、個人使用のパソコンのプリンターなどではそれほど大量の印刷を想定していないので、インクやトナーの値段は、枚数に対して割高となっています。
そこで、このような冊子の作成の場合には、専門の業者を利用するのが得策です。
もちろん、単なるインク代やトナー代に比べて、料金はかなり高くなりますが、その間の作業の手間を考えれば、合理的な出費と考えられます。
また、冊子としての完成した形まで仕上げてくれるので、個人的な作業をかなり簡略化することが出来ます。
その分の時間や手間を、冊子の作成や、その他の本来的な作業に振り向けることができるので、総合的な作業の効率化の点でも有効なのです。
特に、自費出版のように、実際に作業に携わる人間が少ないときには、出来るだけ作業を効率化することが大切です。
この点、同じ冊子といっても、中央をとめただけのものから、装丁が施されたものものまで各種各様です。
これは直接料金にも影響しますが、印刷の作業自体は共通なので、仕上がりの違いが大きく金額に影響することになるのです。
そこで、同じ自費出版であっても、予算や目的に合わせて、適切な形態を選択することが重要なのです。

オススメリンク

開いた冊子

様々な業者の参入

上記では、印刷の業者だけではなく、最近では、自分たちでプリントアウトする事が可能であることをお伝え致しました。
すなわち、印刷の会社だけが、それにまつわる事業を行っている訳では最近は無いRead more

紙

自宅でも手軽にできる

印刷、といえば、これまでであれば、業者に発注依頼をし、プリントアウトしてもらうことが主流となっていました。
ですが、最近では、コンピューター技術が非常に進んできているのは、一目瞭然だと思Read more

印刷

自分で冊子を印刷する

家庭用プリンターの性能が向上し、各種アイテムも手軽に入るようになった現代においては冊子の印刷から制作まですべて一人でこなす事も簡単になってきました。
冊子の中で最も広く作られているのがノRead more

関連リンク